タカラダオリジナル
横浜ことはじめシリーズ

横浜から生まれた事柄をデザインした
タカラダオリジナルの横浜ことはじめシリーズ

八角時計
¥16,200
キーホルダー
\3,672
●皮・陶版●色/黒・茶
エレガンスマグ
\3,996
モーニングマグ
(ビール)
\5,184
モーニングマグ
(馬車)
\5,184
モーニングマグ
(ピアノ)
\5,184
モーニングマグ
(ガス灯)
\5,184
モーニングマグ
(人力車)
\5,184
モーニングマグ
(汽車)
\5,184
モーニングマグ
(バイオリン)
\5,184
モーニングマグ
(蒸気船)
\5,184
モーニングマグ
(異国人物)
\5,184
     
  モーニングマグ
裏面
 
≪横浜ことはじめ≫
<あいすくりん>
<ビール>
<ガス灯>
<乗合馬車>
1865年5月、日本で初めてのアイスクリームサロンは、横浜元町に開かれました。
その後、米国から酪農技術を学び帰国した出島松蔵が横浜の町田房蔵に製造法を伝授、「あいすくりん」と称して氷水屋を開きました。
以前、横浜山手外国人居留置の中に、こんとんと湧き水がでたいました。
醸造技師コープランドが日本ではじめてのビール製造をこの水を利用して、山手一二三番館で始めました。
バヴァリアンビールと名づけられ外国人だけでなく日本人にも好んで飲まれるようになってきました。
現在、利用された湧き水の井戸が、横浜市立北方小学校に残されています。
1872年高島嘉右衛門がフランス技師ペルグランと共に横浜花咲町にガス工場を建て、大江橋から馬車道本町通りにかけてガス灯が灯されました。
現在、工場の跡地は、横浜市立本町小学校になり当時を偲ばせるガス灯が、
立てられています。
開港後、居留地の外国人たちの移動手段として馬車が多く利用されていました。
1867年本町から吉田橋まで、馬車の通る道路が整備され、地名「馬車道」の由来となりました。
<洋楽器>
<鉄道>
<ことはじめ裏印>
洋楽器が国産化されたのは、1884年のこと。三味線の職人だった西川虎吉が外国人からピアノとオルガンの音律法、製造法を教わり、工場には、蒸気機関をすえつけ、質の良い洋楽器が大量に作られました。 1854年ペリーは蒸気機関車を持って横浜に来港しました。鉄道の重要性を認識していた日本政府は、イギリス技師のモレルを招き鉄道建設に着手しました。
1872年10月横浜〜新橋間に日本初の鉄道が開通。
当時の横浜駅は、現在の桜木町駅のところにありました。
the Port of Yokohama was opened for trade on June 2, 1899to U.S., Russia, Holland, Britain, and France.

<訳>横浜港は、1899年6月2日、貿易の為、アメリカ・ロシア・オランダ・イギリス・フランスに対し開港しました。
ご注文はこちらから



Copyright(C) TAKARADA ,
All rights reserved.