洋食器専門店 タカラダ パーソナルギフト、記念品、引出物なども承っております 洋食器専門店 タカラダ パーソナルギフト、記念品、引出物なども承っております
Established in 1882
ENGLISH PAGE
お問い合わせ
特定商取引法に
基づく表示
取扱い商品一覧 ショップ案内 タカラダの歴史 求人情報 取扱いメーカー一覧
1882年4月
(明治15年)
オーダーメードの西洋家具、室内装飾店として創業
1911年
(明治44年)
清涼飲料水製造販売開始
1923年9月
(大正12年)
関東大震災で全焼、同年店舗を再建
1945年
(昭和20年)
太平洋戦争で全焼
1945年10月
(昭和20年)
洋食器・室内装飾製造販売業を再建
1946年12月
(昭和21年)
高級洋食器専門店として合資会社を設立
1980年
(昭和55年)
タカラダスタジオT&M(工房) オープン

1989年4月
(平成元年)
マイカル本牧店 オープン
1991年3月
(平成3年)
J・グラフ店(喫茶) オープン
1993年4月
(平成5年)
新社屋(元町本店)完成 オープン
1993.年7月
(平成5年)
ランドマーク店 オープン
1995年4月
(平成7年)
通信販売 スタート
1996年3月
(平成8年)
J・Graf by TAKARADA店 オープン
(マイカル本牧店、J・グラフ店の統合)
現在に至る
1859(安政6)年年横浜港開港と共に、強制移住させられた80世帯の人たちによって元町が作られました。そのころやってきたヨーロッパやアメリカの人たちは、山手に住んでいたので、元町がショッピングゾーンでした。外国帰りの日本人や欧米の生活を取り入れようとする人達もやってきました。

オーダーメードの家具店としてスタートしたタカラダは、外国人客から図面や絵を持ち込まれ、見たこともないヨーロッパの家具を苦労して作り、大変喜ばれました。それとともに、本国へ引き揚げる外国人客に望まれて、家具や食器類を引き取ることも多々ありました。

やがて太平洋戦争。横浜大空襲のため、元町は全焼、洋家具のほとんどがなくなってしまい、タカラダは洋食器専門店へと変わりました。その当時は、駐留軍の人達が多く、輸出用ディナーセットなどが良く売れました。

1964(昭和39)年東京オリンピックの年には、がいこくから観光客が舟で横浜港にたくさん訪れました。オーストラリアやニュージーランドの人が多く、日本土産に陶器のランプが喜ばれ、ものすごい勢いで売れました。また、この年「ブルーライトヨコハマ」がヒットし、元町が、外国人中心の町から日本人中心の町に変わりました。

その後、マイセン、ロイヤルドルトン、ウェッジウッド、ミントン、ロイヤルコペンハーゲンといった海外ブランドの輸入販売をスタート。約10年後には、デパートにも並ぶようになりブームとなりました。さらに、輸入高級洋食器だけにとどまらず、ノリタケ、ナルミに代表される優れた国内洋食器、インテリア雑貨や、オリジナル食器の製作にも力を入れてきました。

また、元町本店の正面左壁面を飾る150枚のデンマーク製ドッグ・プレートは、現在約500柄以上あり、愛犬家の皆様にもご好評いただいております。

オリジナルを手がけるタカラダの工房「タカラダスタジオT&M」では、お客様が好きな柄と洋食器の形を組み合わせてレイアウトできるイージーオーダーの絵付け、名入れ、イニシャル・マークの焼付け、また、サンドブラスト製法によるガラス器への名入れなど、個人のオリジナルギフト作れるとして知られるようになりました。

タカラダでは、
『優雅な生活を楽しむ』をコンセプトに、ブライダル・返礼品・記念品・周年品などの各種ギフトをお客様のご希望に添った商品をお届けしていきます。

copyright(C) TAKARADA,
All rights reserved.